読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さよならもいわずに

地方都市でほそぼそと暮らすあるギターボーカルの人

かろうじて

かろうじて、と言えば人間。

かろうじて人間

東京で活動してるバンドの名前です。

僕の大切な友人です。(とあっちも思ってくれてたらいいな)

 

ひょんなことからボーカルのharogiとネットを介して友人になり、バンドの存在を知りました。

んで、そのかろ人の新しいMVが発表されたので筆を取りました。

 

かろうじて人間 『巡る色、走る』MV - YouTube

 

出会ったのなんてここ2年くらいで、以前からの仲というわけではないので人間性の全てを知ってるとは言えないはずですが

吸収してきたものが似てるからか、なにか通じてるものがあるからか、彼の人間性がどの曲を聞いてもダイレクトに伝わり僕はたまに怖くなります。考えすぎて。

ただ単に「めっちゃ良かったよ〜」ってコメントで終わらないというか。

だからこういう長文書いちゃうんだけど。

 

『巡る色、走る』

ボーカルのharogiは死別の曲とインタビューで言ってました。

僕はもっと、「死という概念」を歌ってるように受け取りました。

青、水や地球から連想される輪廻転生。ここから彼は死を歌ってて

しかもそれをポジティブに歌ってる。

 

現代を生きる日本人にとって「死」は非日常でありネガティヴなもの。

それを彼は「よっ、また会ったね〜」「じゃ、次(の人生)行くわ〜」くらいのポジティブなテンションで捉えてる気がしました。神様も真っ青です。死を乗り越えたんだもの。釈迦かよ。

 

『青』という表現も僕は彼らしくて、それでいて彼でしかできなくて好きです。

文学的に「◯◯のような青」「◯◯を青と呼ぶことにした」と比喩とかなんかそこらへんこやつ使って斜めから見ることもできるし、

科学的に「これは光の屈折で云々」と説明することもあるかもしれない。

でもハロギは「青」を「あおい、あおい、あおい、あおい、あおい、青い色」と伝えた。

もしかしたら幼稚かもしれない。素直でまっすぐな表現です。青は青でしかない。

 

しかもハロギの声はイノセントなかわいい声をしているものだから、その素直さが僕らの耳にもまっすぐ届きます。そうだね、青いね。

 

『巡る色、走る』では、

青い色という概念を通して、「死んじゃうって怖くないよ」って人生二週目の幼児が無邪気に伝えてくるような感覚があって、怖くて、微笑ましくて、美しい曲だと思います。

優しい歌です。別れも怖くないよ。

待っててくれるよ。

 

やっぱりあいつらの曲が大好きです。

東京に遊びに行く機会があったら必ず会ってなんか適当に呑んだりしてるんだけど、そうじゃなくて、真っ向から自分の曲と自分の曲をぶつけ合う、まあつまり対バンという形で会ってみたい。ズバリ言うなら勝負をしたい。ことさらにそう思いました。

 

また会えるのならまた会おう

 

 

水槽

おはようございます。

今日も僕はバイトです。

 

最近はバイトバイトバイトって感じで、尾崎世界観なんですが。

それでも給料は雀の涙。

何をしても足りなくて、足りなくて困っています。

 

「幸せになるのに金なんていらねえ」勢だった私ですが、

仲間と酒を飲み交わし、爆音で好きな音楽を聴いて、たまに探り合えればそれでいいと思っていたのですがその機会まで奪われちゃあ、まあ疲れも溜まる。

 

疲れてるっちゃあ疲れてるかもしれない。そんな最近です。

 

今日は金沢で好きなバンドの1つがラストなので観に行きます。

そうやって、金沢という土地にどんどんと未練がなくなってしまうので「もう実家帰ったらええんやない?」みたいな思考が頭をよぎるんですよ。

実家嫌で出てきたくせにな。根性無しじゃんね。

 

地元に戻ったところで、友達は全然いないし、ライブハウスもないし。

だから戻っても、絶対面白くないってわかってるんだけど、現状が面白くない今、それでもいいかなんて思っちゃって。

 

いやいやいや、ダメダメダメ。

このまま帰っても俺は病むし、このまま金沢いても病む。

なんとか、打開策を手に入れて、笑顔とワクワクと少しの不安定と同居したい次第です。

じゃないとこのまま8畳の水槽は濁ってしまうね。

 

【MV】もう実家帰りなよ - SANABAGUN - YouTube

白羽の矢

夜勤終わりにこの記事を書いています。

最近夜勤にも入るようになったんですよ。22時から朝5時くらい。

いつもはそこからお風呂入って、ご飯食べて寝るんだけど、今日は午前中に予定があるので起きて、書いています。

 

深夜となると、コンビニにくる客層も濃いもので。

今日はよくわからんおじちゃんに「にいちゃん寝ないとダメやで」って言われました。

 

人は総じて、他人の痛みに気づかないです。

そのおじさんは「お前みたいなやつが来るから寝れんのやろうが」という思考にも至れないし、俺もブログのネタにされてるおじさんの痛みに気づけません。

 

まあまあ、そんなこんなで「人を思いやりましょう」みたいな道徳の授業を小学校で受けていても、コンビニの夜勤のことなど思考の片隅にもいないわけです。

それでもなんの関係もなく回る現実は嫌いじゃないです。

疲れるじゃん、いちいち労られてたら。

 

でも昼間に働きたいよね。無駄に疲れるし。

そのおじさんはツナマヨのおにぎりを一個買いに来ました。我慢しろよ。

 

チョコクッキー&クリーム

最近寝る前やら、歩きながらやら、どうでもいいことを長文にまとめたい欲が出てきたり、ひたすら読みたい欲が増している。

 

そもそも、このブログは「金沢でギターボーカルやってる人のブログですよ〜」っていう体で作ったものだし、それっぽいこと書いていこうと思っていたけど、バンド活動を碌にしていない俺にはもうその設定は意味はない。

別に音楽活動を再開するつもりがないとかではないけど、やってないからこそやりたいことがあったら別にそれやっていいよね?

と思うので寝る前になんとなく思ったことをダラダと書き連ねていきたいと思った。

 

 

最近、生活リズムが崩れがちだ。

おそろしいことに睡眠時間が1時間減るとニキビが1つ増える仕様になっている俺の肌はまるでマグマになっている。

マジでそろそろ皮膚科に行かなきゃと危機感を持っている。

 

多分皮膚科に行ったら

恋人ができて

就職できて

貯金もできて

たまにギターとか服買って

まあまあ幸せになれる。

 

ことはないだろうけど、ちょっと幸せになれそうな気がする。

歯医者行ったらアイス食べれるようになったもん。染みないから。

アイス食べるくらいの幸せほしいよね。

 

いい加減服の試着して鏡見たとき絶望したくないじゃん。「こいつ肌汚っゾンビかよ。あっ俺か」ってしたくないじゃん。

 

僕病院って苦手なんですよ。

まず年寄りが苦手だし、

待つのも苦手。ツイッターしかすることない。

でも病院行ったらちょっとは幸せになれるんですよね。アイス食べれるもん。

 

ちょっとでもおかしかったら病院行きましょうね。

アイス食べたいもんね。

 

チョコクッキー&クリームのやつね。

 

 

睡蓮

ここ最近久しぶりに音楽に貪欲に生きてみた。

ライブを見たり、CDを買ったり、大量にレンタルしてきたり。

 

思うとそれは、学生の頃は当たり前にしていたことで。

 

僕は残念ながら、現在めちゃめちゃ所得が少なくて、毎日食べる物も困ってる次第です。

 

でもおかしいな

学生の頃は平気で生活を削って、ライブ見て、出て、買っていたんだけど

確実に自分の中での音楽における資産の削り方は今よりあった。

 

なんで平気だったんだろうか。

眠らなくても、食べなくても、音楽を聴けば生きていける気がしてた。

 

多分、だから病気になったりしたんだろうなとも思った。

 

人間食べなきゃ死にますよ。

 

素晴らしい音楽はいつも素晴らしかったです。

 

またライブハウスに僕は足を運びますよ。

 

僕はほんとに宇多田ヒカルが好きで寝る前に絶対聴きます。

寝る前って、思考が散り散りになって、なったかと思えば一点集中して暴走するじゃん。アレが嫌で宇多田ヒカルで栓をするんですよ。

 

 

そうやって思考を泳がせると大抵ありもしない夢想か、それか過去に飛んでいく。

今日は過去に飛んでって、高校の電車通学のときのことを思い出しました。

 

中学より前はいい思い出が全くないせいで飛びません。

 

ああ、あいつ今元気なのかなとか思ってね、フェイスブックを久しぶりに見るんですよ。

僕はそういう身内の情報は基本ツイッターだからツイッターで繋がってれば「今も付き合いがある」と思えるのだけれど、そうでないとマジで何してるかサッパリで。

ツイッターで繋がってない同級生とかどうしてんのかなって見たわけですよ。

 

よくみんなこれやってんね。

よくわからん飲み会の写真とか、車の前での集合写真とかで僕は具合が悪くなりました。

 

それはさておき、一人の同級生が

なんか青年実業家?になってて?

「興味のある方はレクチャー致します。メルマガはこちら」とかやってて?

オイオイオイ大丈夫かとなったんですよ。

 

なんかそんなことってほんとにあるんだなと驚きました。

ちょっといいホテルでのディナーの写真とかあげてて「現状に不満な方はこちら」みたいなさ

ほんとにあるんだね。僕は現状に不満あるけどそういうのは嫌だな。スーツキメるより一生古着着てたい。

 

まあ、他人から見たら俺のが「オイオイオイどうしたよ」って感じかもしれないね。

 

寝ます。

フェイスブックなんて見るもんじゃないな。

 

 

フェブラリーキルユー

皆さんは1年の中で最も嫌いな月はありますか?

 

僕は二月です。

二月はいつだって別れを決断したり、決断されたりする季節だからです。

 

大なり小なり、確実に悲しみを孕んだ「じゃあね」が毎年二月に集中するため僕は喜怒哀楽の混戦を極めてしまいます。

 

今年もそんな二月でした、という話。

 

僕が所属していたサークルの2個下の代にとても仲の良い後輩がいるのですが、ずっと僕の拙いギターや歌を尊敬していると言ってくれていて、素敵な後輩でした。

 

そんな後輩のバンドが今年、卒業のため解散となってしまいました。

「先輩だから」とか「仲が良いから」なんて色眼鏡無しで最高に素敵なバンドだったために、僕はこうやって二月の帰り道にそのバンドのその曲のサビを思い出しながら歩いていました。

その後輩が「やっとオリジナルで曲ができたので聞いてください」と言って、僕は「どれどれ」と偉そうな態度で初見は過ごしていたのですが、その曲を聞いた途端、悔しくて悔しくてたまらなくなりました。

 

なんか近しい人の曲を褒めるのはやっぱ恥ずかしいんだけどね、ほんと最初に聴いたインパクトは凄かった。

 

飲み会が終わって午前5時になるまでお喋りをして、うっすらと遠くの空が白んでいくのを、咥え煙草の向こうで睨んで、いろんなことを思い出して

「こんな悲しくなるならもういっそ会わないほうが良かったかもな」なんて思いながらアパートの鍵をドアノブに刺す

あの時のモヤモヤした気持ちを言語化していたから、もう負けたなって。

僕にはできなかったなって思いました。

 

 

そんな素敵なバンドが解散するのだからやっぱり二月は嫌いです。

またつまらん日常を僕は送ります。

環境が変わる人は、たまに僕と遊びに戻ってください。

 

ブラッドサースティーブッチャーズもそんな気持ちだったから2月からアルバムが始まったのかなぁ。

 

www.youtube.com