さよならもいわずに

地方都市でほそぼそと暮らすあるギターボーカルの人

密林の悪魔

セールの話ではないです。

 

フリーター生活2年目、学生時代はどこかしらに宿題というものがあり気が休まることはなかった。ごめん嘘です。普通に遊びまくってました。

でもやっぱ、頭の片隅では気になるじゃないですか。宿題。

やらないくせに気にはする宿題。さっさとやってから遊べばいいものを放置するからずっと胸やけしてる状態で遊んじゃう宿題。

 

それはさておき、フリーターというのは宿題がありません。服屋で働いてたときは服の流行とかスーツの仕立てとか勉強してたけど「やらされてた感」はなかった。楽しかったから。

 

宿題がないんですよ。

宿題がなくても、あってもすることは変わらないって最近気づいちゃいました。

 

一人暮らしを始めた夏、夏って日が長いしなんか持て余すんですよ。読書の秋なんかより持て余す。

そのときにしていた暇つぶしが映画レンタルでした。

ツタヤに行っては映画を借りて見る。

 

映画ってコスパがいいんですよ。

ゲームは、僕はテキスト主体のゲームが好きなんですが、その場合めちゃめちゃ早く終わってしまって、なんとなくあっけない。

 

速読が得意というのは、得だけじゃなくて寂しいものもある。本読んでもすぐ終わるしテキスト主体のゲームしてたら文字送りが遅くてイライラしてしまう。

でもね、映画って、進む速読がちゃんと提供側から決められてるんです。

2時間、決まった速度で進む時間。100円で2時間。

1500円でゲーム買っても、まあ、4〜5時間?

対費用効果が高いんです。

 

そんな僕をさらに家に閉じ込めてるのがAmazonプライム

 

こいつは悪魔だよ悪魔。

 

今日は、あらしのよるに、を見ました。

洋画はあまり得意ではないので。

次は貞子VS伽倻子を見よう。