読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さよならもいわずに

地方都市でほそぼそと暮らすあるギターボーカルの人

白羽の矢

夜勤終わりにこの記事を書いています。

最近夜勤にも入るようになったんですよ。22時から朝5時くらい。

いつもはそこからお風呂入って、ご飯食べて寝るんだけど、今日は午前中に予定があるので起きて、書いています。

 

深夜となると、コンビニにくる客層も濃いもので。

今日はよくわからんおじちゃんに「にいちゃん寝ないとダメやで」って言われました。

 

人は総じて、他人の痛みに気づかないです。

そのおじさんは「お前みたいなやつが来るから寝れんのやろうが」という思考にも至れないし、俺もブログのネタにされてるおじさんの痛みに気づけません。

 

まあまあ、そんなこんなで「人を思いやりましょう」みたいな道徳の授業を小学校で受けていても、コンビニの夜勤のことなど思考の片隅にもいないわけです。

それでもなんの関係もなく回る現実は嫌いじゃないです。

疲れるじゃん、いちいち労られてたら。

 

でも昼間に働きたいよね。無駄に疲れるし。

そのおじさんはツナマヨのおにぎりを一個買いに来ました。我慢しろよ。