読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さよならもいわずに

地方都市でほそぼそと暮らすあるギターボーカルの人

きらちゅん2周年withピストルディスコを見て

 

はじめに

12月10日、金沢DEFにて行われたきらちゅん2周年withピストルディスコ。

とても楽しませていただきました。

ピストルディスコとは僕個人で因縁(?)がありまして、以前地下室TIMESという媒体で寄稿者をやらせていただいている時にピストルディスコの記事を書こうとしたんですけど、そのタイミングで寄稿者を辞めましてですね。

basement-times.com

せっかく楽しませていただいた「もう個人のブログでいいから書けよ」って感じで、当時の記事を思い出しつつロックDJについて考えていることをまとめようと思います。

 

 

ロックDJとは

当時の記事もまずここから書き始めました。

僕のフォロワーはライブは行っても(出ても)クラブイベントはあんまり…って人も多かったしね。

 

そもそもDJって色んな人がいるわけで。

・トラックメイカーDJ…作曲をして、場合によってはライブで流してスクラッチでソロなんかしちゃって。ケツメイシとかRIP SLYMEとかの後ろのDJって考えればいいです。

・ラジオDJ…ラジオで喋る人もDJ。曲選んでるし。場合によっては選んでないけど。

・クラブDJ…クラブで音楽を流してフロアを沸かせるDJ。

 

んで、クラブDJの中でも「ロックバンドの曲を中心にかけるDJ」がロックDJなわけで。

楽しみかたは、もうライブと一緒。出た音に好きなように身体動かしてオモロー!!ってなるソレ。

 

クラブで楽しむ意味とは

 

まずバンドマンとかによく言われるのはこれ

「目の前に演者いないのになんで盛り上がれるの」とかそういう意見。

思わず俺は「酒かなぁ・・・」ってこたえてしまうんだけど。俺一人で酒飲むの苦手だし。ダメだね、これ論破しないとダメだわ。

 

一言で言うなら「その場全員と共有できる楽しみと異空間に行く」というところで楽しみがブーストされてるんですね。多分。

俺もアイドル流れたソレになる。んで好きなギターロックが流れると爆音で流れてることに感動する。

そんな感じです。異空間、クラブで聴くってのも大きいかも。

 

基本的に音楽聞いてるときに「ちょ!ここ聞いて!!ここヤバイから!ね!?ギター熱い!やば!」ってなる人は楽しめるんじゃないかなって思う。予想だけどね。

 

 

 僕個人の話。

一番好きなバンドは?と聞かれるとSyrup16gTHE NOVEMBERSが出て来るタイプの人なので「クラブで皆でワイワイ」とは遠い存在ではあります。ドルオタってのは一旦置いておいて。それは違う俺だから。

以前、アニソン・ゲーソンDJするチーム?的なものに入ってたのでクラブで音楽を聴くというのには抵抗がなかったんだけど、ロックで聴くのとはまた違うかなって思ってた。

でもきらちゅんに出会って、そんなのは思い違いだったと知らされます。たまに好きな曲はかかるし、お酒皆で飲んで踊れるし。爆音だし。実際に何度かやらせてもらってもう虜ですよね。もっかいやらせてくれ。ってか入れて。

あときらちゅんは「これを開口に金沢のみんなが音楽をもっと聴くようになればいいな」っていうコンセプトを聞いたことがあって、それにいたく感動しまして。

僕自身も金沢バンドマンだしね。

 

もったいないって思うことが数点。

バンドマンはこういうイベントを楽しめないし、お客さんも地方のバンドのライブに行くかと言われると微妙なところ。

それが悔しい。僕はもうなんか音楽だったら全員ラヴなんだけど。

どうしたらいいんかね?全員来いよ。お客さんも金沢にお前ら好きそうなバンドいっぱいおるぞ?って思うから来てくれればいいのに。

もう一つあるのは結局フェスっぽい音楽が中心なのかなって思うことがふとある。

前提として「盛り上がる」があるからしょうがないかもしれないのだけど。

所謂チルアウト的な役割も欲しいかなあとか。俺がやるわ。

 

2周年vs8周年

そんなこんなで12月10日。オールナイトで足がへとへとになるまでいさせてもらいました。

きらちゅんは2周年、ピストルディスコは8年。8年ってすごない?小学生が中2ですよ。だんご3兄弟からリライト聴くまでに至るぞ。

やはり純粋なDJの腕でいうならピストルディスコのが上でしたよ冷静に考えたら。

きらちゅんのいいところはキャラの濃さっていうか全員ジャンルの違いがあってそれが面白いなっていっつも思うんですよ。最高。

感想なんて「楽しい。ヤバイ」しか言えないんですけどね。ヤバイ

友達も増えたし、僕はこのイベントがあってよかったなぁっていたく思うのです。

 

もしこのイベントがもっと定着していったら音楽シーンも活発になるんじゃないですか?

音楽ってのは文化です。自己満とリビドーの詰まった文化です。

文化は一朝一夕ではなり得ない。ずっと続けてほしいなって思います。

そして俺にもやらせてくれ。

 

っていうか俺もDjangoでクラブイベント?的なものを企画しようと画策中。

待っていてください。

 

 

 

 

追伸

全然当時の記事を思い出せなかったのが悔しい。バックアップとっとけばよかったなぁ。